国家別銃器所持取締法の概要

国家別銃器所持取締法の概要: Overview of gun laws by nation)は、銃法および方針(総称して銃器規制「firearms regulation」または銃規制gun control」とも呼ばれる)一般市民による小火器の製造、販売、譲渡、所有、変更および使用に関する国別の法律と方針。 多くの国々は銃器政策に関し制限的であるのに対し、寛容的政策を取る国家も少数ではあるが存在する[1][2]。銃の所持が許されている国は、アルバニアオーストリアチャドコンゴ共和国ホンジュラスミクロネシアナミビアナイジェリアパキスタンフィリピンセネガル南アフリカスイス[3]タンザニア米国イエメンザンビアカナダチェコ共和国などがある。また、論理的に制限的ではあるが、銃の所有に関する許可証を発行する国家もこの中に存在する。

国家の歴史的背景などから強力な銃文化が成り立っている国に於いては、市民に武器を所持させ武装する権利を与えている他、銃意識の相違により近隣の銃法よりも自由度の高い銃法が制定されているなどの地域間相違も存在する。民間人の銃器所持を規制する国々では通常、特定の銃器に対する所持を制限しているか、許可証を「発行しなければならない理由」がある者以外の所持を制限している。狩猟射撃競技、自己防衛、収集及び、隠した状態での携行などで銃の所有許可を得ても別途、関係法令に関する許可を得なければならないなどの制約が課せれれている。

通常、銃所持法は大きな損害を与えることができるとされる武器や隠し運ぶことができる武器(拳銃やそのほか短銃身なもの)などに対し指定しており、犯罪行為での使用を減らす目的として制定される。合法的所持に関し制限が課されている者は、特定の年齢以下、または犯罪歴を有する者であり、そのほか家庭内暴力アルコール依存症薬物乱用の既往歴や中毒患者、精神病うつ病、自殺未遂など自分や他人に対し危害を及ぼす可能性が高いと判断される場合に拒否される。所持免許を申請する場合は、身分を証明できる公的書類、銃の安全な取り扱いに関する講習を修了し武器を安全に保管することができる保管庫や場所を有することなどが必須条件とされる。

銃法は当局が法的要件を満たした一般市民が銃所持免許を発行する国に於いては寛容とみなされ、規制当局の裁量により免許が発行される可能性があり、所持する理由を証明することが明確でなく、申請に関し何度もその理由を請求しなければならないなどの場合は制限的となる。一般市民が合法的に銃を手にすることが困難または不可能である場合には銃法は厳格とみなされる。

小火器を制限する法律では、爆発物クロスボウ、電気ショックを利用する武器(スタンガンテーザー銃)、エアガン護身用スプレーなども同様に規制する国もある。その他、大容量の弾倉消音装置など銃器に取り付ける付属品も制限され、購入する弾薬の量や種類に関しても制限があり、特定弾薬の販売や購入所持などは禁止されている。

この記事は世界規模のため詳細に説明することは不可能であるが、小火器の使用と民間人の所有に関する各国の武器に関する法律を簡単に要約する。