国家公務員法

国家公務員法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称国公法[1]
法令番号昭和22年10月21日法律第120号
効力現行法
種類法律
主な内容国家公務員の試験及び任免、給与、服務、人事院の設置、権限など
関連法令国家公務員倫理法地方公務員法一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律など
条文リンク総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

国家公務員法(こっかこうむいんほう、昭和22年法律第120号)は、国家公務員について適用すべき各般の根本基準等を定めた日本の法律である。1947年(昭和22年)10月21日に公布、同年11月1日に附則第2条(臨時人事委員会(人事院の前身)に関する条項)のみ先行施行、他の条項は1948年(昭和23年)7月1日から施行された。