商標法

商標法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号昭和34年4月13日法律第127号
効力現行法
種類知的財産法
主な内容商標制度
関連法令知的財産基本法特許法関税法
条文リンク総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

商標法(しょうひょうほう、昭和34年4月13日法律第127号)は、商標の使用をする者に独占的な使用権(商標権)を与えることにより、業務上の信用の維持を図って産業の発達に寄与するとともに、需要者の利益を保護することを目的とする日本法律である。