半谷恭一

半谷 恭一(はんや きょういち、 - 2011年2月5日頃)は、日本の元裁判官、元弁護士茨城県古河市出身で、主に刑事裁判を担当。水戸家庭裁判所長、宇都宮地方裁判所長、東京高等裁判所部総括判事等を歴任し、退官後は公証人・弁護士を務めた[1]。東京地裁部総括時代には、ロッキード事件児玉・小佐野ルートや日商岩井事件の審理などを担当した。