効用
English: Utility

効用(こうよう、: utility)とは、経済学の基本的概念であり、各消費者があるサービスを消費することによって得ることができる主観的な満足・欲望充足(への貢献)の度合いのこと[1]。所与の選好関係に対してならばを満たす実数値関数の値である[2]