労働契約法

労働契約法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号平成19年12月5日法律第128号
効力現行法
種類労働法
主な内容労働契約に関する基本的事項
関連法令労働基準法民法
条文リンク総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

労働契約法(ろうどうけいやくほう、平成19年12月5日法律第128号)は、労働契約に関する基本的な事項を定める日本法律(労働法)。平成19年12月5日公布平成20年3月1日施行

労働基準法が、最低労働基準を定め、罰則をもってこれの履行を担保しているのに対し、本法は個別労働関係紛争を解決するための私法領域の法律である。民法特別法としての位置づけとしての性格を持つため、履行確保のための労働基準監督官による監督・指導は行われず、刑事罰の定めもない。また行政指導の対象ともならない。