刑法 (日本)

刑法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称なし
法令番号明治40年法律第45号
効力現行法
種類刑法
所管法務省
主な内容主な犯罪の成立要件とそれに対する刑罰
関連法令軽犯罪法爆発物取締罰則組織犯罪処罰法ハイジャック防止法刑事訴訟法
条文リンクe-Gov法令検索
テンプレートを表示

刑法(けいほう、明治40年法律第45号)は、犯罪に関する総則規定および個別の犯罪の成立要件やこれに対する刑罰を定める日本法律。明治40年(1907年)4月24日に公布、明治41年(1908年)10月1日に施行された。

日本において、六法を構成する法律の一つであり、基本的法令である。ただし、すべての刑罰法規が刑法において規定されているものではなく、刑事特別法ないし特別刑法において規定されている犯罪も多い。

現行刑法は、第1編の総則(第1条〜第72条)と、第2編の(第73条〜第264条)の2編によって構成されている。