刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律

刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称刑事収容施設法
法令番号平成17年5月25日法律第50号
効力現行法
種類刑事法
主な内容刑事収容施設の運営、被収容者の処遇など
関連法令刑法刑事訴訟法
条文リンク総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律(けいじしゅうようしせつおよびひしゅうようしゃとうのしょぐうにかんするほうりつ、平成17年5月25日法律第50号)は、刑事収容施設の管理運営と被収容者等(未決拘禁者、受刑者、死刑確定者など)の処遇に関する事項を定めた日本法律である。2006年(平成18年)5月24日施行。略称は刑事収容施設法被収容者処遇法

2007年(平成19年)6月1日に、現代化が遅れていた未決拘禁者の処遇等を定めていた刑事施設ニ於ケル刑事被告人ノ収容等ニ関スル法律(旧監獄法)が廃止され、本法で新たに規定が設けられた。