児童虐待

児童虐待(じどうぎゃくたい、: child maltreatment, child abuse, cruelty to children)は、児童の周囲の人間(保護者、学校教師、施設職員など)が、児童に対して虐待を加える (Abuse)、もしくは育児放棄(ネグレクト)することである[1][2]幼児の場合は幼児虐待(ようじぎゃくたい)と言う。

WHOは全成人の4人に1人は年少児に身体的虐待を、女性の5人に1人と男性の12人に1人は年少時に性的虐待を受けたと報告している[3]。WHOによれば毎年4.1万人の15歳以下児童が自宅にて殺されているという[3]経済協力開発機構(OECD)は児童虐待に起因する医療・司法・逸失利益のコストは、米国においてはGDPの約1%、豪州においては少なくともGDPの1%に上ると推計している。

児童虐待は児童虐待の防止等に関する法律で禁止されている[4]。また、同法より、虐待をされていると思われる児童を見聞きした人々は、児童相談所(各地域の児童相談所[5]もしくは児童相談所全国共通ダイヤル:189, いちはやく[6])などに速やかに通告しなければならない[4]