働き方改革関連法案

働き方改革関連法案(はたらきかたかいかくかんれんほうあん)、正式名称「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案[1](はたらきかたかいかくをすいしんするためのかんけいほうりつのせいびにかんするほうりつあん)または「働き方改革」一括法案(「はたらきかたかいかく」いっかつほうあん)は、日本法における8本の労働法[注 1]の改正を行うための法律案の通称である。

第4次安倍内閣安倍晋三首相、自公連立政権)下の2018年平成30年)4月6日第196回国会に提出され、6月29日の参議院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。