働き方改革関連法

働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律
通称・略称働き方改革関連法、働き方改革一括法
国・地域日本
効力現行法
種類労働法
主な内容労働政策
条文リンク首相官邸
テンプレートを表示

働き方改革関連法(はたらきかたかいかくかんれんほう)、正式名称「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律[1](はたらきかたかいかくをすいしんするためのかんけいほうりつのせいびにかんするほう)または働き方改革一括法(はたらきかたかいかくいっかつほう)は、日本法における8本の労働法の改正を行うための法律の通称である。

  1. 労働基準法
  2. 労働安全衛生法
  3. 労働時間等の設定の改善に関する特別措置法
  4. じん肺法
  5. 雇用対策法
  6. 労働契約法
  7. 短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律
  8. 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律

第4次安倍内閣安倍晋三首相自公連立政権)下の2018年平成30年)4月6日第196回国会に提出され、6月29日参議院本会議与党などの賛成多数で可決、成立した。同年7月6日公布、翌2019年(平成31年)4月1日順次施行。