倒産法

倒産法(とうさんほう)とは、経済的な破綻状況に至った企業または個人について、その財産の清算または再建と債権者への配当を定める法の総称である。倒産という言葉自体は、主に企業が経済的に破綻した場合に使われる事実状態を表す用語であり、法律用語ではない。

日本において倒産法について規定した法律としては、破産法民事再生法会社更生法会社法(第二編第九章第二節「特別清算」)、更生特例法特定調停法などがあり、国際倒産に関しては外国倒産処理手続の承認援助に関する法律がある。また、裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律産業活力再生特別措置法事業再生ADRの根拠法となっている。

アメリカ合衆国においては、連邦倒産法がさまざまな手続を定めている。