信教の自由

信教の自由(しんきょうのじゆう)とは、信仰の自由などから構成される宗教に関する人権。信教の自由(宗教の自由)とは、特定の宗教を信じる自由または一般に宗教を信じない自由をいう[1]

西欧では、教会権力からの自由を求める帰結として確立された[2]世界人権宣言市民的及び政治的権利に関する国際規約の共に第18条で規定される。日本国憲法においては20条である。