伊場遺跡訴訟

最高裁判所判例
事件名史跡指定解除処分取消請求事件
事件番号昭和58(行ツ)第98号
1989年(平成元年)6月20日
裁判要旨
  1. 遺跡を研究の対象としてきた学術研究者であるとしても本件史跡指定解除処分の取消しを求めるにつき法律上の利益を有せず、原告適格を有しない
第三小法廷
裁判長坂上壽夫
陪席裁判官伊藤正己 安岡満彦 貞家克己
意見
多数意見全員一致
意見なし
反対意見なし
参照法条
行政事件訴訟法7条、民訴法401条、95条、89条、93条
テンプレートを表示

伊場遺跡訴訟(いばいせきそしょう)は、静岡県浜松市中区伊場に所在し、同県の史跡指定を受けていた伊場遺跡が、浜松駅高架化に伴う再開発・整備のため旧国鉄電車区の移転代替地として史跡指定範囲内を提供する必要が生じたことを理由に、静岡県教育委員会によりその指定を全面解除されたことに対し、これに反対する地元の考古学研究団体らが指定解除処分の取消を求めて1974年昭和49年)7月に起こした行政訴訟である。