人権

人権(じんけん、human rights)とは、単に人間であるということに基づく普遍的権利[1]ブルジョア革命(資本主義革命)によって確立された権利であり、「近代憲法の不可欠の原理」とされる[2]

人権は人が生まれつき持ち、国家権力によっても侵されない基本的な諸権利であり[2]国際人権法(international human rights law)によって国際的に保障されている[3]。ブルジョア革命の例としては

等があり、これらは人権を古典的に表現している[2]自由主義(リベラリズム)に基づくブルジョア革命・産業革命資本主義等と共に、人権法も発展していった[4]