主要農作物種子法

主要農作物種子法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称種子法
法令番号昭和27年5月1日法律第131号
効力廃止
種類産業法
所管農林水産省
主な内容主要農作物の優良な種子の生産及び普及
条文リンク法庫
テンプレートを表示

主要農作物種子法(しゅようのうさくぶつしゅしほう、昭和27年5月1日法律第131号)は、主要農作物であるコメや大豆、麦など野菜を除いた種子の安定的生産及び普及を促進するため、米、大豆、麦の種子の生産について審査その他の措置を行うことを目的として制定された日本法律である。通称は種子法2018年(平成30年)4月1日をもって廃止された[1][2]。食糧難だった時代に制定されたが大都市と農業県に国が一律に指導する形は廃止され、市町村など各地方自治体ごとに奨励品種への権限が委譲されるようになった[3]