下館事件

下館事件
場所茨城県下館市(現筑西市
日付1991年平成3年)9月29日
7時ころ (UTC+9)
概要強盗殺人事件
死亡者1名
犯人被害者のスナックで働くタイ人女性3名
刑事訴訟第一審懲役10年
控訴審懲役8年(確定)
管轄茨城県警察下館警察署
テンプレートを表示
下館市の位置

下館事件(しもだてじけん)は、1991年平成3年)9月に茨城県下館市(現筑西市)でタイ人女性が殺害され現金約700万円の入ったバッグなどが持ち去られた強盗殺人事件である[1][2][3]。被害者のスナックで働くタイ人女性3名が逮捕起訴され[4][5][6]、被告人らは、被害者による借金返済を理由とした売春の強要などから逃れるために殺害したもので正当防衛であり、また金品の強奪を目的としたものではなく強盗にはあたらないなどと主張したが[7][8][9]裁判所は強盗殺人罪の成立を認め、第1審では懲役10年[5][10]、控訴審でも懲役8年の実刑判決が下され確定した[5]

犯人のタイ人女性3名は人身売買の被害者であるとして支援のネットワークが広がり、他の同様の事件の支援活動のモデルとなった[11]。また控訴審判決は、捜査段階での通訳人に必要とされる能力について判示した裁判例としても知られている[12][13][14]