下山瑛二

下山 瑛二(しもやま えいじ、1922年5月22日 - 2017年8月24日[1])は、日本の法学者。

埼玉県出身。東京帝国大学法学部卒。1947年東京大学社会科学研究所助手、1950年大阪市立大学講師、助教授、59年教授。1965年東京都立大学教授、85年総長。1989年大東文化大学教授。イギリス行政法を研究し、日本の行政法に考察を加える。国家賠償法などの研究に業績がある[2]