ロー対ウェイド事件

ロー対ウェイド事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
1973年1月22日
事件名:Jane Roe, et al. v. Henry Wade, District Attorney of Dallas County
判例集:410 U.S. 113; 93 S. Ct. 705; 35 L. Ed. 2d 147; 1973 U.S. LEXIS 159
裁判要旨
女性の妊娠中絶を助けることを禁じたテキサス州法は、女性が「適正な手続」を受ける権利を侵害する。原審(テキサス州北部地区連邦地方裁判所)の判断を一部破棄する。
裁判官
首席判事:ウォーレン・E・バーガー
陪席判事:ウィリアム・O・ダグラス、ウィリアム・J・ブレナン、ポッター・ステュワート、バイロン・ホワイト、サーグッド・マーシャル、ハリー・ブラックマン、ルイス・フランクリン・パウエル Jr.、ウィリアム・レンキスト
意見
多数意見ブラックマン
賛同者:バーガー、ダグラス、ブレナン、ステュワート、マーシャル、パウエル
同意意見バーガー
同意意見ダグラス
同意意見ステュワート
少数意見ホワイト
賛同者:レンキスト
異議意見レンキスト
参照法条
アメリカ合衆国憲法修正第14条、Tex. Code Crim. Proc. arts. 1191–94, 1196

ロー対ウェイド事件(ローたいウェイドじけん、Roe v. Wade, 410 U.S. 113 (1973))は、「妊娠を継続するか否かに関する女性の決定はプライバシー権に含まれる」として、アメリカ合衆国憲法修正第14条女性堕胎の権利を保障していると初めて判示し、人工妊娠中絶を規制するアメリカ国内法の大部分を違憲無効とした、1973年アメリカ合衆国最高裁判所の判決である。

中絶を憲法により保障された権利として堕胎禁止を原則違憲としたロー判決はアメリカ合衆国の法律および政治・社会に多大な影響を及ぼした。中絶を合法化すべきか、憲法裁判における最高裁の役割、政治における宗教のあり方など、判決は様々な分野で大きな議論を巻き起こした。ロー判決はアメリカ史上最も政治論争の対象となっている判例の一つである。