ローレンス対テキサス州事件

ローレンス対テキサス州事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
2003年6月23日
事件名:John Geddes Lawrence and Tyron Garner v. Texas
判例集:539 U.S. 558; 123 S. Ct. 2472; 156 L. Ed. 2d 508; 2003 U.S. LEXIS 5013; 71 U.S.L.W. 4574; 2003 Cal. Daily Op. Service 5559; 2003 Daily Journal DAR 7036; 16 Fla. L. Weekly Fed. S 427
裁判要旨
同性愛者による肛門性交を禁じたテキサス州刑法は、プライバシー権と成人の自由を侵害しているため、憲法修正第14条に定める「デュープロセス条項」に反し、違憲無効である。
裁判官
首席判事:ウィリアム・レンキスト
陪席判事:ジョン・ポール・スティーヴンス、サンドラ・デイ・オコナーアントニン・スカリアアンソニー・ケネディー、デイヴィッド・スーター、クラレンス・トーマスルース・ベーダー・ギンズバーグ、ステファン・ブレイヤー
意見
多数意見ケネディー
賛同者:スティーヴンス、スーター、ギンズバーグ、ブレイヤー
同意意見オコナー
少数意見スカリア
賛同者:レンキスト、トーマス
異議意見トーマス
参照法条
アメリカ合衆国憲法修正第14条、Tex. Penal Code § 21.06(a) (2003)

ローレンス対テキサス州事件(ローレンスたいテキサスしゅうじけん、Lawrence v. Texas、539 U.S. 558 (2003))は、同性愛者による性行為およびオーラルセックスを禁じたテキサス州刑法の規定を違憲無効とした、2003年アメリカ合衆国最高裁判所の判決である。