ローマ法

ローマ法(ローマほう、ドイツ語: römisches Rechtフランス語: droit romain英語: Roman lawルーマニア語: dreptul romanスペイン語: derecho romano)とは、狭義には古代ローマや中世の東ローマ帝国体系であり、広義には中世の西ヨーロッパで復活し発展した普通法(ユス・コムーネ)としてのローマ法も含む。古代ギリシア哲学キリスト教とともに、ヨーロッパ文明を特徴付ける一大要素である。