レッドラップ対ニューヨーク州事件

レッドラップ対ニューヨーク州事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
弁論:1966年10月10日–11日
判決:1967年5月8日
事件名:Robert Redrup, Petitioners v. State of New York; William L. Austin, Petitioner v. State of Kentucky; Gent, et al., Appellants v. State of Arkansas
裁判要旨
未成年者に売却されなかった、または不本意な読者に強制させなかった文章は、憲法上保護される。
裁判官
意見
裁判所全体の意見
少数意見ハーラン
賛同者:クラーク

レッドラップ対ニューヨーク州事件: Redrup v. New York)、386 U.S. 767 (1967年)は、1967年5月8日のアメリカ合衆国連邦最高裁判所の判決で、アメリカのフィクションの文章への検閲の終わりと広く見なされている。ロバート・レッドラップはタイムズスクエア新聞販売店で、ウィリアム・ハムリング英語版のグリーンリーフ・クラシックスのペーパーバックパルプセックス小説、「ラスト・プール」と「シェイム・エージェント」の2つを私服警官に売った。彼は1965年に有罪判決を受けた。

ハムリングの財政支援により、レッドラップは連邦最高裁判所に上訴し、彼の判決は7対2で覆された。裁判所の最終判決は、未成年者に売却されたり、不本意な読者が強制されたりしなかった文章が憲法上保護されていることを確認し、アメリカの文章に対する検閲を終了させた。この判決の後、最高裁判所は、更なる審議なしに、ペーパーバックのセックス本を含む猥褻判決の数々を系統的かつ一元的に逆転させた。

  • 関連文献

関連文献

  • Hagle, Timothy M. (1991). “But Do They Have to See It to Know It? The Supreme Court's Obscenity and Pornography Decisions”. The Western Political Quarterly (University of Utah) 44 (4): 1039–1054. 10.2307/448806. 448806. 
  • Kobylka, Joseph F. (1987). “A Court-Created Context for Group Litigation: Libertarian Groups and Obscenity”. The Journal of Politics (Cambridge University Press) 49 (4): 1061–1078. 10.2307/2130784. 2130784.