リフレーション
English: Reflation

リフレーション: Reflation)とは、デフレーションから抜け出たが、本格的なインフレーションには達していない状態のこと。日本語では通貨再膨張とも訳される[1]。あるいは正常と考えられる物価水準よりも低下している物価を引き上げて安定させ、不況を克服しようとする政策そのものをさすこともあり、統制インフレーションとも言う[2]。リフレーション政策(リフレ政策)は後者を現象としてのリフレーションと区別して言う語。

いわゆるニューディール政策下において、1929年10月の物価水準回復を目ざした景気政策をさす語として1930年代アメリカ合衆国で作られ、その後諸国で取られた同種の政策までをさす語として定着した[2][3]