リアリー対合衆国裁判

Leary v. United States事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
弁論:1968December 11–12
判決:1969May 19
事件名:Timothy Leary v. United States
判例集:395 U.S. 6 (リスト)
89 S. Ct. 1532; 23 L. Ed. 2d 57; 1969 U.S. LEXIS 3271; 69-2 U.S. Tax Cas. (CCH) P15,900; 23 A.F.T.R.2d (RIA) 2006
前史On writ of certiorari to the United States Court of Appeals for the Fifth Circuit
裁判要旨
マリファナ税法は自己負罪を要件としており、ゆえに憲法修正第5条に違反する。リアリーへの有罪判決を破棄する。
The Marihuana Tax Act required self-incrimination, thus violating the Fifth Amendment of Constitution. Leary's conviction reversed.
裁判官
意見
多数意見Harlan
賛同者:Douglas, Brennan, Stewart, White, Marshall; Warren (in part)
同意意見Stewart
同意意見Black (in judgment)
参照法条
米憲法修正第5条マリファナ税法英語版
判例変更
規制物質法

リアリー対合衆国裁判(Leary v. United States)、395 U.S. 6 (1969) は、マリファナ税法英語版合憲性を扱った合衆国最高裁判所判例である。教授で活動家のティモシー・リアリーは、マリファナ税法に違反する大麻の所持によって逮捕された。リアリーは、同法が自己負罪を要件としているため、米憲法修正第5条に違反するとして法廷で争った。判事ジョン・M・ハーラン (2世)英語版によって全会一致となり、マリファナ税法は違憲であると宣言された。ゆえに、リアリーの有罪は覆された。議会はすぐにマリファナ税法を規制物質法へと置き換え、アメリカ合衆国における特定の物質の禁止を継続した。[1]