ヨーゼフ・シュンペーター

ヨーゼフ・シュンペーター
歴史学派
生誕 (1883-02-08) 1883年2月8日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 トリーシュ
死没

1950年1月8日(1950-01-08)(66歳)


アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コネティカット州タコニック
研究機関ツェルノヴィッツ大学 (1909-1911)
グラーツ大学 (1912-1914)
ビーダーマン銀行 (1921-1924)
ボン大学 (1925-1932)
ハーバード大学 (1932-1950)
研究分野経済学
母校ウィーン大学
影響を
受けた人物
オイゲン・フォン・ベーム=バヴェルクレオン・ワルラス
論敵カール・マルクスジョン・メイナード・ケインズ
影響を
与えた人物
ピーター・ドラッカーロバート・ソローポール・サミュエルソン、フレデリック・シェラー
実績イノベーション理論
景気循環
経済発展
企業家精神
進化経済学
テンプレートを表示

ヨーゼフ・アロイス・シュンペーター[1]Joseph Alois Schumpeter1883年2月8日 - 1950年1月8日)は、オーストリア・ハンガリー帝国(後のチェコモラヴィア生まれの経済学者である。企業者の行う不断のイノベーション(革新)が経済を変動させるという理論を構築した。また、経済成長の創案者でもある[2]