ムートネスの法理
English: Mootness

ムートネスの法理(ムートネスのほうり)と言うときの「ムート」及び「ムートネス」という言葉は、イギリス英語アメリカ英語とで異なった意味を持つ。この概念は合衆国内の法域では重要であるが、ロースクール以外の場所ではあまり用いられることがない。

合衆国の法制度においては、事件に関する更なる訴訟手続が何の有効性も持たなくなったとき、または事象が法の適用範囲を超えて生じたときに、事件は「ムート」である。これによって事件は実務上の重要性を失い、または純粋に学問上のものとなる。合衆国でのこの語の発展は、模擬法廷(moot court)、すなわち法教育の一環として仮定のないしは架空の事案を議論するという慣行に由来する。これらの純粋に学問的な論争にならって、合衆国の裁判所は、状況の変化によりいかなる判断も無意味になった事件を「ムート」であると表現するようになった。この法理は、判例が形成した別の規律である「成熟性の法理」と対比することができる。後者の法理は、裁判官は全くの予測に過ぎない論争や仮定に過ぎない事実に基づく事案について判断をすべきでないと主張するものである。これと似た法理により、合衆国の連邦裁判所は勧告的意見を述べることを避けている[1]

これは、イギリスの法制度における語法とは異なっている。そこでは、「ムート」という用語は「未だ議論の余地のある」または「未解決の」という意味を持つ。語法の変化はまず合衆国で、それから合衆国の法学で用いられる用語が流布する地域で観察された。それゆえ、この語の意味するところがイギリスの法廷で用いられることは、あるとしてもまれなこととなっている。