マレイ対ピアソン裁判

Murray v. Pearson
裁判所メリーランド州控訴裁判所英語版
判決1936年1月15日 (1936-01-15)
引用169 Md. 478, 182 A. 590 (1936)
意見
判決者キャロル・ボンド英語版
キーワード

マレイ対ピアソン裁判 (Murray v. Pearson) はメリーランド州控訴裁判所で争われた裁判で、「メリーランド州は法曹教育の場を用意していたが、唯一の適切な教育機関から、その肌の色のみを理由として特定の人種の学生を排除した」かどうかが争点であった。控訴裁判所は1936年1月15日に下級審の「メリーランド州の法曹教育における人種分離は違法であり、大学は速やかに州内の学生すべてに開放されるべきである」という判断を支持する判決を下した[1]