ポール・クルーグマン
English: Paul Krugman

ポール・クルーグマン
ニューケインズ経済学
2008年、スウェーデン王立科学アカデミーのストックホルムにおける記者会見時のクルーグマン
生誕 (1953-02-28) 1953年2月28日(66歳)
ニューヨーク州オールバニ
国籍アメリカ合衆国
研究機関イェール大学
MIT
LSE
スタンフォード大学
プリンストン大学
ニューヨーク市立大学
研究分野国際経済学
マクロ経済学
母校MIT (PhD)
イェール大学 (学士号)
影響を
受けた人物
ジョン・メイナード・ケインズ[1][2]
ジョン・ヒックス[1][3][4]
ポール・サミュエルソン
ロバート・ソロー[2]
ルディガー・ドーンブッシュ
アビナッシュ・ディキシット
ジョセフ・E・スティグリッツ
論敵塩水学派と淡水学派[5][6]
オーストリア学派
実績国際貿易理論
新貿易理論
経済地理学
受賞ジョン・ベーツ・クラーク賞 (1991)
アストゥリアス皇太子賞 (2004)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2008年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:貿易パターンと経済活動の立地に関する分析

ポール・ロビン・クルーグマンPaul Robin Krugman1953年2月28日 - )は、アメリカ経済学者コラムニストニューヨーク市立大学大学院センター(CUNY)教授

2008年度ノーベル経済学賞受賞。