ブランデンバーグ対オハイオ州事件

ブランデンバーグ対オハイオ州事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
弁論:1969年2月27日
判決:1969年6月8日
事件名:Clarence Brandenburg v. State of Ohio
裁判要旨
オハイオ州犯罪サンディカリズム法は、合衆国憲法修正第14条によって州に適用されている合衆国憲法修正第1条に違反した。憲法上保護されていない差し迫った違法行為の唱道ではなく、単なる暴力的なアドボカシーを広く禁止していたからである。
裁判官
意見
裁判所全体の意見
同意意見ブラック
同意意見ダグラス
参照法条
この判決は以下の過去判決を覆した
ホイットニー対カリフォルニア州事件英語版247 U.S. 357 (1927)

ブランデンバーグ対オハイオ州事件(ブランデンバーグたいオハイオしゅうじけん、Brandenburg v. Ohio395 U.S. 444 (1969)[1]は、アメリカ合衆国連邦最高裁判所が、 アメリカ合衆国憲法修正第1条に関するランドマーク的な判決を言い渡した事件。裁判所は、その表現が「差し迫った違法行為を唱道するか、またはそのような行為を生ぜしめる可能性が高い場合」でない限り、その表現者を処罰することは出来ないと判決した[2][3]:702。この判決により、裁判所はオハイオ州の犯罪サンディカリズム法が暴力の単なるアドボカシーを過度に広範に禁じているとして、その法律を無効にした。

  • 参考文献

参考文献

  1. ^ Brandenburg v. Ohio, 395 U.S. 444 (1969)
  2. ^ Parker, Richard A. (2003). “Brandenburg v. Ohio”. In Parker, Richard A. (ed.). Free Speech on Trial: Communication Perspectives on Landmark Supreme Court Decisions. Tuscaloosa, AL: University of Alabama Press. pp. 145–159. ISBN 0-8173-1301-X. 
  3. ^ Criminal Law - Cases and Materials, 7th ed. 2012, Wolters Kluwer Law & Business; John Kaplan (law professor)英語版, Robert Weisberg英語版, Guyora Binder, ISBN [1]