ブラウン対エンターテインメント商業協会事件

ブラウン対エンターテインメント商業協会事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
弁論:2010年11月2日
判決:2011年6月27日
事件名:Edmund G. Brown, Governor of the State of California, and Kamala Harris, Attorney General of the State of California v. Entertainment Merchants Association and Entertainment Software Association
裁判記録番号:08-1448
前史Preliminary injunction granted to plaintiffs, sub nom. Video Software Dealers Assn. v. Schwarzenegger, 401 F. Supp. 2d英語版 1034 (N.D. Cal.英語版 2005); summary judgment granted to plaintiffs, No. C-05-04188, 2007 WL 2261546 (N.D. Cal. Aug. 6, 2007); aff'd, 556 F. 3d英語版 950 (9th Cir.英語版 2009);cert.英語版 granted, 559 U.S. 1092 (2010)
裁判要旨
親の監督なしに暴力的なコンピュータゲームを子供たちに販売することの禁止は、合衆国憲法修正第1条の表現の自由条項に違反する[1]
裁判官
意見
多数意見スカリア
賛同者:ケネディー、ギンズバーグ、ギンズバーグ、ソトマイヨール、ケイガン
同意意見アリート
賛同者:ロバーツ
少数意見トーマス
異議意見ブライヤー
参照法条
アメリカ合衆国憲法修正第1条; カリフォルニア州民法英語版 §§ 1746–1746.5 (2009)

ブラウン対エンターテインメント商業協会事件(ブラウンたいエンターテインメントしようぎょうきょうかいじけん、: Brown v. Entertainment Merchants Association)は、親の監督なしに子供に暴力的なコンピュータゲームを販売することを禁止した2005年のカリフォルニア州法を無効にしたアメリカ合衆国最高裁判所のランドマーク的な判決[2]。最高裁は7-2で、下級判決を支持し、コンピュータゲームは合衆国憲法修正第1条の下で他の形式のメディアと同じように保護された表現であるとしてカリフォルニア州法を破棄した[1]。判決は、コンピュータゲーム業界にとって大きな勝利と受け止められた。

参考文献

  1. ^ a b Schwarzenegger v. EMA”. supremecourt.gov (2011年). 2017年11月24日閲覧。
  2. ^ Schwarzenegger v. EMA”. mediacoalition.org (2010年). 2017年11月24日閲覧。