フランソワ・ケネー

フランソワ・ケネー
重農主義
フランソワ・ケネー
生誕 (1694-06-04) 1694年6月4日
メレ英語版フランス
死没 (1774-12-16) 1774年12月16日(80歳没)
ヴェルサイユフランス
テンプレートを表示

フランソワ・ケネー(François Quesnay、1694年6月4日 - 1774年12月16日)は、フランス医師重農主義(フィジオクラシー)の経済学者[1] 1758年に、重農主義の考え方の基礎を提供した"Tableau économique"(『経済表』)を出版したことで知られる。これは、分析的手法で経済活動についての説明を試みる、恐らくは最初の活動であり、経済思想への最初の重要な貢献の1つと見ることができる。

1718年外科医となり、1749年からは宮廷医師としてヴェルサイユ宮殿で暮らした。1752年貴族に列せられるが、50歳代で経済学の研究を志し、土地所有者の資金を農業に投入し、その生産力を高めることが重要であるという観点から『経済表』を発表し、重農主義経済学の祖と仰がれた。ケネーの経済表のアプローチは、マルクス再生産表式ワルラス一般均衡理論ケインズ有効需要の原理レオンチェフ産業連関表ミルトン・フリードマンとアンナ・シュワルツの貨幣供給理論に受け継がれた。