パレート効率性

パレート効率性(パレートこうりつせい、: Pareto efficiency)は、近代経済学ミクロ経済学)の中でも資源配分に関する概念のひとつ。パレート最適: Paretian optimum)ともいう[1]イタリア経済学者であり社会学者ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto、1848 - 1923)がこれを提唱した。