ノーベル経済学賞

経済学賞
受賞対象経済学への貢献
会場ストックホルム
 スウェーデン
授与者スウェーデン王立科学アカデミー
初回1969年
最新回2018年
最新受賞者ウィリアム・ノードハウス
ポール・ローマー
公式サイトhttp://www.nobelprize.org/

ノーベル経済学賞[1][2](ノーベルけいざいがくしょう)は、1968年にスウェーデン国立銀行が設立300周年祝賀の一環として、ノーベル財団に働きかけ、設立された賞である[3]

「ノーベル経済学賞」は通称[注 1]として広く用いられているが、ノーベル財団は、同賞は「ノーベル賞ではない」[注 2]として後述の正式名称を用いるか、単に「経済学賞」(: ekonomipris[6]: Prize in Economic Sciences[7])と呼ぶ。スウェーデン王立科学アカデミーにより選考され、ノーベル財団によって認定される。授賞式・その他一般はノーベル賞と同じように行われている。

王立科学アカデミーは新しいノーベル賞として設立を承認したものの、アルフレッド・ノーベルの子孫やノーベル文学賞の選考を行うスウェーデン・アカデミーは賛成していない[2]