デジタル・フォレンジック

デジタル・フォレンジック英語: Digital forensics)とは、法科学(フォレンジック・サイエンス)の一分野で、主にコンピュータ犯罪に関連して、デジタルデバイスに記録された情報の回収と分析調査などを行う[1] [2]ことを指す。デジタル・フォレンジックという用語は、もともとは「コンピュータ・フォレンジクス」の同義語として用いられていたが、 全てのデジタルデバイスをカバーするため範囲が広げられた[1]。1970年代後半から1980年代初頭のPC革命を発端に、この分野は1990年代の間に漠然としたまま発展し、一定の政策としてまとまってきたのは21世紀初頭になってからである。