テュベテイカ
English: Tubeteika

カザフスタンのテュベテイカ
クリミア・タタール人のテュベテイカ

テュベテイカ (ラテン文字:Tubeteika, Tübätäy、チュベテイカとも表記される[1]) は中央アジアで造られている伝統的な帽子である。現代においてはタジキスタンカザフスタンキルギスウズベキスタンなどに住むテュルク系民族が伝統衣装として身に付ける事が多い。また、ロシア内でもムスリムの多い地域 (タタールを含む) では衣装として使用されている。テュベテイカはユルトと並び、中央アジアの遊牧民文化を代表する文物であると考えられている。テュベテイカはウズベキスタンではドゥッピもしくはカルパク (kalpoq) と呼ばれて応用美術の一分野とみなされており、伝統民族衣装において重要な役割を果たしている[2]

また、セファルディムモロッコユダヤ人の間ではウズベキスタンのドゥッピをキッパーとして被る事が多い。

各国語の呼び名