センメルヴェイス・イグナーツ

センメルヴェイス・イグナーツ
An engraved portrait of Semmelweis: a mustachioed, balding man in formal attire, pictured from the chest up.
センメルヴェイス・イグナーツ博士(1860年、42歳)
Jenő Dobyによる銅板エングレービング
生誕Semmelweis Ignác Fülöp
(1818-07-01) 1818年7月1日
ブダ, ハンガリー王国 (現ブダペストの一部, ハンガリー)
死没1865年8月13日(1865-08-13)(47歳)
オーバーデーブリング, オーストリア帝国 (現ウィーンの一部, オーストリア)
居住ハンガリー、オーストリア
市民権ハンガリー王国
研究分野産科, 外科
出身校ウィーン大学
ブダペスト大学
主な業績塩素消毒による接触感染予防法の導入(1847年以降)
配偶者マーリア・ヴェイデンホフェル (1837年–1910年)
(1857年結婚)[1]
子供アント―ニア
マーリア
イグナーツ
マルギット
ベーラ
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
Flag of Hungary.svgこの項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にイグナーツ・センメルヴェイスと表記することもあります。

センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプ (ハンガリー語: Semmelweis Ignác Fülöp [sɛmːmɛlvɛjs ignɑ̈ːʦ fyløp] 1818年7月1日 - 1865年8月13日) またはイグナーツ・フィーリプ・ゼメルヴァイス (ドイツ語: Ignaz Philipp Semmelweis[upper-alpha 1] ドイツ語: [ɪɡnaːts zɛmlvaɪs]) は、ドイツ系[2]ハンガリー人[upper-alpha 2]の医師。消毒法の先駆者として知られ、「母親たちの救い主」とも呼ばれる。19世紀中ごろには産褥熱発生数が多く、産婦の死亡率も高かった。特にウィーン総合病院第一産科では、一般的な助産師による出産と比べ死亡率が3倍も高くなっていた。ここに勤務していたセンメルヴェイスは、産褥熱の発生数を調査し、1847年、産科医が次亜塩素酸カルシウムで手を消毒することで劇的に産婦の死亡率を下げることが出来ることを発見し、"Die Aetiologie, der Begriff und die Prophylaxis des Kindbettfiebers"(産褥熱の病理、概要と予防法)と題した本にまとめて出版した。

センメルヴェイスは手洗い法が死亡率を1パーセント未満にまで下げられる科学的な証拠を数多く示したが、この方法は当時の医学界に受け入れられず、むしろ彼に怒りを示したり嘲笑したりする医師さえいた。1865年、センメルヴェイスは神経衰弱に陥り、精神科病棟に入れられた。そしてここで衛兵に暴行を受けた際の傷がもとで、47歳にして膿血症で死去した。しかし彼の死後数年を経て、ルイ・パスツールが細菌論を、ジョセフ・リスターが消毒法を確立し、センメルヴェイスの理論は広く認められるようになった。