サッコ・ヴァンゼッティ事件

ニコラ・サッコ(右)とバルトロメオ・ヴァンゼッティ(左)

サッコ・ヴァンゼッティ事件(サッコ・ヴァンゼッティじけん)は、1920年代アメリカで発生した冤罪と目される事件。当初から偏見による冤罪との疑惑があり、事実なら米国裁判史上に残る最大の冤罪事件と言われ大きな問題となった。後に調査をおこなった行政側は冤罪であったと認定したが、司法側は冤罪を認めていない。事件は、アメリカ合衆国の歴史上の汚点とも呼称されている。