コーカー対ジョージア州事件

コーカー対ジョージア州事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
弁論:1977年3月28日
判決:1977年6月29日
事件名:Erlich Anthony Coker v. State of Georgia
判例集:433 U.S. 584 (リスト)
97 S. Ct. 2861; 53 L. Ed. 2d英語版 982; 1977 U.S. LEXIS 146
裁判要旨
強姦罪に対する死刑は、不釣り合いで過大な刑罰であり、合衆国憲法修正第8条の下では、残虐で異常な刑罰として禁じられる。
裁判官
意見
多数意見ホワイト
賛同者:スチュワート、ブラックマン、スティーブンス
同意意見ブレナン
同意意見マーシャル
異議付き同意パウエル
少数意見バーガー
賛同者:レンキスト
参照法条

コーカー対ジョージア州事件(コーカーたいジョージアしゅうじけん、Coker v. Georgia)433 U.S. 584 (1977)[1]は、成人女性に対する強姦罪で犯人に死刑を科すのは過大な刑罰であり、アメリカ合衆国憲法修正第8条により違憲であると判決された裁判。いくつかの州では、この後にも子供に対する強姦で死刑を科す法律が存在していた。しかし、2008年のケネディ対ルイジアナ州事件で、人に対する犯罪は殺人を伴わない全ての場合において死刑が違憲であると判決され、コーカー判決の対象範囲が拡大された。

  • 参考文献

参考文献

  1. ^ Coker v. Georgia, 433 U.S. 584 (1977).