ゲラン対女王

ゲラン対女王(Guerin v. The Queen) (1984 2 S.C.R. 335)はカナダファーストネイションの人びとの権利をめぐる、カナダ最高裁判所(Supreme Court of Canada)による画期的な判決であり、そのなかで裁判所はまず、政府はカナダのファーストネイションに対して信託の義務を有しており、しかも、独自の(sui generis権利となるように先住民権を確立しているとの考えを示した。