ケネス・アロー
English: Kenneth Arrow

ケネス・アロー
新古典派経済学
National Medal of Science award ceremony, 2004
生誕 (1921-08-23) 1921年8月23日
ニューヨーク州ニューヨークシティ
死没

2017年2月21日(2017-02-21)(95歳)


カリフォルニア州パロアルト
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関スタンフォード大学
研究分野ミクロ経済学
一般均衡理論
社会選択理論
母校コロンビア大学
ニューヨーク市立大学シティカレッジ
博士課程
指導教員
ハロルド・ホテリング
博士課程
指導学生
ジョン・ハーサニ
Jan Kmenta英語版
カール・シェル
マイケル・スペンス
エリック・マスキン
ロジャー・マイヤーソン
ナンシー・ストーキー
John Geanakoplos英語版
Andrea Prat英語版
影響を
受けた人物
アルフレッド・タースキー
影響を
与えた人物
宇沢弘文
アンソニー・ダウンズ
根岸隆 [1]
アマルティア・セン
アラン・ギバード
実績一般均衡理論(一般均衡の存在証明および安定性)
厚生経済学の基本定理
アローの不可能性定理(アローの定理)
内生的成長理論
線形・非線形計画法の経済分析への応用
アロー=ドブリュー証券
情報の非対称性
受賞ジョン・ベイツ・クラーク賞 (1957年)
ノーベル経済学賞 (1972年)
ジョン・フォン・ノイマン理論賞 (1986年)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1972年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:一般的経済均衡理論および厚生理論に対する先駆的貢献を称えて

ケネス・ジョセフ・アローKenneth Joseph Arrow1921年8月23日 - 2017年2月21日[2])は、アメリカ合衆国経済学者。20世紀経済学史上の最重要人物の一人とされ経済学全般において革命的な論文を書いている。経済学社会学政治学など他学問にも影響を与えている。1972年、51歳という史上最年少でノーベル経済学賞を受賞。1973年、アメリカ経済学会会長。