オットー・マイヤー

オットー・マイヤー(Otto Mayer, 1846年3月29日 - 1924年8月8日)は、ドイツ法学者。専門は行政法で、「ドイツ行政法学の父」と呼ばれる。