オタフクソース事件

オタフクソース事件とは、1995年9月30日オタフクソース株式会社の社員が過労により自殺した事件。2000年5月18日、広島地裁判決でこの社員の業務と自殺の因果関係、雇用主であるオタフクソース株式会社の安全配慮義務等の過失が認められた。即日控訴されたが、6月6日、取り下げにより一審判決が確定した。