ウィリアム・ペティ
English: William Petty

サー・ウィリアム・ペティ
古典派経済学
サー・ウィリアム・ペティ
生誕1623年5月27日
ロムジーハンプシャーイングランド
死没1687年12月16日 (満64歳没)
ロンドン、イングランド
研究機関オックスフォード大学
母校ライデン大学
実績労働価値説政治算術、余剰
テンプレートを表示

サー・ウィリアム・ペティ: Sir William Petty1623年5月27日 - 1687年12月16日[1]は、イングランド医師、測量家、経済学者労働価値説を初めて唱え、また、政治算術派の先駆となったことから、古典派経済学統計学の始祖ともいわれる。ハンプシャー生まれ。オックスフォード大学解剖学教授やアイルランドの軍医総監などをつとめた。子孫はホイッグ党自由党の名門ランズダウン侯爵家として現在も続いている。