インド最高裁判所

インド最高裁判所
Bhārata Kā Sarvocca Nyāyālaya
Emblem of the Supreme Court of India.svg
Seal of the Supreme Court
設置1937
インド
所在地Tilak Marg
座標北緯28度37分20秒 東経77度14分23秒 / 北緯28度37分20秒 東経77度14分23秒 / 28.62222; 77.23972
判事選定方法コレギウムシステム
判事構成人数31
ウェブサイトwww.sci.gov.in
最高裁判所長官
現職Dipak Misra
着任2017
主任任期終了2018

インド最高裁判所(インドさいこうさいばんしょ、: Supreme Court of India)は、インド憲法下における最上級上訴裁判所であり、違憲審査権を有する最上級の裁判所である。最高裁判所長官及びその他30人の裁判官で構成されており、第一審及び上訴審の管轄権や、大統領の諮問に対して意見を述べる助言管轄権など、広範な権限を有している。[1]

国の最上級上訴裁判所として、主に各州の高等裁判所やその他の裁判所の裁判に対する上訴を取り扱う。市民の基本権を保護し、州間の紛争の解決を行う。さらに、諮問機関として、特に憲法問題とされる事項について大統領からの諮問を受ける。申立てのない事項について職権で取り上げることもある。最高裁判所が宣言した法は、国内すべての裁判所を拘束し、また、連邦及び州政府により強制されるようになる。[2]インド憲法142条により、最高裁判所の判決を執行するのは、大統領の職務とされる。